サイトマップ | お問い合わせ | サイトポリシー |

調剤過誤が裁判にまでへ発展したら?【法律相談】

薬局を経営しています。
当局で勤務している薬剤師が調剤過誤をしたため、患者さんに健康被害が出てしまいました。その後、患者さんには誠意をもって謝罪し、納得してもらえるよう話し合いを続けてきたつもりでした。
 
しかし、しばらくして突然裁判所から連絡がきて薬歴などの証拠保全手続きが行われました。患者さんの弁護士によると、今後、損害賠償請求の裁判を予定しているとのことでした。このように本当に裁判になるとしたら、薬局としてはどのように構えるべきでしょうか?

調剤過誤による一般的な解決方法

薬剤師が調剤過誤をしてしまい、患者に健康被害が起こってしまえば、その薬剤師は患者に対して民事責任を負う事になります
そして、患者と話し合いをする事によって示談が成立することもあります。

 

しかし、過失の責任問題において平行線であったり損害額で意見が合わなかったりすると、示談では解決できない事もあります。そうなってしまえば、民事訴訟などの法的手続きで解決する事になります。

裁判所に対し、患者側と薬局側がそれぞれ因果関係や過失、損害の有無などについて主張立証し、そのうえで裁判所が損害賠償請求権の有無と金額を判断する事になります。

薬局に対する証拠保全とは?

患者からの申し立てにより、裁判所が薬歴などの重要書類の改ざんが行われないよう確保するための手続きになります。

通常は訴えの提訴前に行われます。裁判所からの連絡があり、薬歴などのコピーを持って行く事で証拠保全をします。

この証拠内容をもとに患者側で検討し、最終的に訴えの提起をするかどうか判断材料にする事になります。

saibanchou

民事訴訟のおおまかな流れ

患者が調剤過誤をした薬局に対し損害賠償を求めるのであれば、患者が裁判所に訴状を提出し訴えを提起する事になります。

患者の訴えが提起されると裁判所から第1回の口頭弁論期日が指定されます。

被告である薬局には送達という特殊な郵便によって「訴状」と「第1回口頭弁論期日呼出状及び催促状」が送付され、この書類に答弁書の提出と法定出頭の指示が出されます。

 

裁判所で開かれる第1回口頭弁論では、原告である患者の訴状の陳述と被告の答弁書の陳述が行われます。

もしも被告が答弁書の提出もせず、口頭弁論を欠席してしまうと「欠席判決」という原告の請求どおりの判決が第1回にされてしまう場合があるので注意が必要です。

 

なお、答弁書を提出していれば、第1回口頭弁論に出頭しなくても擬制陳述といって、答弁書に陳述したことにできます。

少なくとも第1回口頭弁論期日前には適切な内容の答弁書を提出しておくことが大事です。

第1回口頭弁論の後は、期日を重ねて原告、被告ともに主張するための準備書面を提出し、適時に証拠の提出も行っていきます。

 

場合によっては弁論準備手続きや、必要に応じて専門家の意見を聞く「鑑定」なども行う場合もあります。

裁判所はそれぞれの提出した証拠を書面による証拠から調べ始めます。そして、立証が不十分な部分を人証によって調べます。
人証とは、証人や原告、被告本人を尋問によって調べることです。

調剤の事例であれば患者本人や調剤に関わった薬剤師などの尋問が行われる場合が多いです。

結審後、裁判所が主張と立証に基づいて判決を言い渡します。

その後、第一審の判決に不服がある場合の当事者は上級裁判所に控訴(新たな判決を求める不服申立て)を提起することができます。

訴訟の途中での和解もある

民事訴訟が起きたからといって、必ず判決が出るまで解決しないわけではなく、審理を進めていった過程において裁判官が双方の主張や証拠書類を吟味して円満な解決を目指すため、双方に譲歩を促し和解が成立する事があります。

このように、裁判の多くは、判決よりも和解で解決している事が多いようです。

 

裁判は、どうしても多くの時間と労力、そして金銭的な負担がかかってきます。

調剤過誤をどうしても許せないという気持ちがあるからこその裁判ですが、示談にて解決する事は一番の近道ともいえます。
saiban_zabuton

薬剤師さんのよくあるトラブルQ&A おすすめ書籍

薬剤師さんにとって、患者さんとのトラブルは出来るだけ避けたいところですが、なかなかそうもいきませんよね。

そんな時は法律に基づいた知識が役に立ちます。

薬局でよくあるトラブルの事例を元に、元薬局薬剤師で現在は弁護士として活躍中の
赤羽根秀宜先生が、法律に基づいて分かりやすく解説されたこちらの書籍がおすすめです。
(Amazonレビュー有り)

赤羽根先生に聞いてみよう 薬局・薬剤師のためのトラブル相談Q&A47

新品価格
¥2,592から
(2015/9/7 15:29時点)





転職の不安と緊張をほぐす!おすすめ記事のご紹介


「国家資格だから、薬の知識が完璧なのは当たり前」

・・と薬剤師さんはハードルを高くもたれがち。

そんな薬剤師さんのプレッシャーを跳ね飛ばし、結果を出すために有効な転職情報です。



【一番重要な基準はずばりココ!】
薬剤師必見!成功の確率を上げる転職サイトの選び方

【ライフスタイルにピッタリの求人を探そう】
働き方を重視した転職サービスを利用する

【年収アップにこだわる方向け】
年収アップ狙い!薬剤師におすすめの年収特化型転職サイト

【どうしても不安が拭えない・・】
未経験者に人気のある薬剤師転職支援サービス

【時間とお金をかけずにブランク解消!】
ブランク有り薬剤師さんにおすすめの転職支援サイト

【激務な職場を避けるために】
できれば避けたい!薬剤師にとって激務な職場とは?

【何から始めればいいのか分からない方へ】
薬剤師が転職を成功させるために最低限必要な知識

【お祝い金の仕組みを解説】
薬剤師の転職支援サービスがお祝い金をくれる理由

【土日休み固定が可能なケースをご紹介】
薬剤師の憧れ!“土日休み”で家族との時間を大切に過ごす

【お給料アップを交渉するコツ】
薬剤師が転職で給料を上げるための相場年収と交渉術





  関連記事

yakuzaishi_komaru
似た薬の名前が多すぎ!薬剤師の調剤ミスは製薬会社もとるべき?【法律相談】

医薬品のなかにはお薬の名前が似ているものが多く存在します。 そして現場の薬剤師は間違えそうになる事がしばしばあります。私 …

患者さんがお薬代を払ってくれない
お薬の未払いは患者さんにどう請求すれば良い?【法律相談】

薬局にいつもいらっしゃる患者さんの1人に、お薬の未払い常習者がいます。 薬価の高いお薬なので大変なこともわかりますが、こ …

調剤と製剤のPL法(製造物責任法)
薬局製剤や調剤薬はPL法と関係ない?【法律相談】

私の薬局では薬局製剤を取り扱っていますが、先日患者さんに販売した「感冒12号」に1包に小さいゴミが入っていたという事で交 …

患者さんに副作用を全て説明しないといけない?
重篤な副作用の説明をしなかったために患者が健康被害に!【法律相談】

普段はデパケン錠を服薬している患者さんの処方が、アレビアチン散とフェノバール散に変更になりました。 投薬後、数日経ってか …

鑑査とピッキング
鑑査とピッキングはどちらの責任の方が重い?【法律相談】

私が薬の取り違えを起こしてしまったために、患者さんに健康被害が発生してしまいました。 その事について自分に過失があると認 …

job_jimu
薬剤師と事務員の制服は区別が必要ですか?【法律相談】

私の勤める薬局では薬剤師と事務員の制服が違います。 薬剤師は白衣で事務員は別の制服を着ています。 しかし、薬局によっては …

併用禁忌薬を他の薬局が投薬した
併用禁忌薬を他薬局が患者さんに投薬していた!【法律相談】

日頃から来局されている患者さんが他薬局でもらったというお薬手帳を見せてもらいました。 内容を確認してみると、なんと当薬局 …

hospital_yarukinashi2
勤務態度が悪い薬剤師を解雇するには?【法律相談】

私の経営する薬局に困った薬剤師がいます。 調剤ミスが多く何度注意しても改善されず、そればかりか患者さんへの対応も横柄で注 …

医師からの質問に間違えて答えてしまったら
薬剤師の助言が原因で処方を間違えたら誰の責任?【法律相談】

先日、医師からお薬について問い合わせがあり、その回答を間違ってしまい、最悪な事にそれが原因で患者さんが入院してしまいまし …

薬剤師の未来は明るいのでしょうか?
薬剤師の未来とは!?明るい選択肢は薬局に転職すること

薬剤師の転職を考えていますが、今後薬剤師の資格を生かして働く事によってどのような未来が待っているのか検討がつきません。 …