お薬豆知識

薄毛に効く副作用をもたらしてくれる意外なお薬

頭部の薄毛や禿の男性は多く、多くの男性の悩みのタネではないでしょうか?

薄毛の原因と言われている男性ホルモンですが、この男性ホルモンはその名の通り男性を男性らしくするホルモンなのですが、分泌量が多くなればなるほど男性的な魅力が増す一方で薄毛になってしまうというなんとも難しい分泌物なのです。

男性ホルモンの影響で発症する前立腺肥大症

ところで、「前立腺肥大症」という病気をご存知でしょうか?これは加齢や男性ホルモンの影響で排尿や生殖に関わる男性特有の臓器が肥大し、頻尿や尿漏れや排尿困難などの症状が現れます。

この「前立腺肥大症」の主な治療法ですが、2つの治療法があり、1つが根治を目指す手術療法と、薬で症状を緩和する薬物療法となります。

前立腺肥大症に効く薬が薄毛にも効く

その薬物療法で使われるお薬の中に「デュタステリド」というお薬があります。このお薬には副作用があるのですが、その副作用というのが「育毛効果」である事が確認されているのです。

この働きは、男性ホルモンの主な物質であるテストステロンがよりホルモン活性の高いジヒドロテストステロンという物質へ変換する事を防ぐことで、肥大した前立腺の症状を改善するのです。それと同時に男性ホルモンの働きが抑えられるので、薄毛は禿の症状の副作用として効き目があるとされているのです。

他に副作用がでない?

 

あくまでも豆知識として知っておくのも良いですし、医師に相談して試してみるのも良いかもしれません。ただし、健康保険上の適応症は前立腺肥大症のみとなります。薄毛治療で健康保険は使えないためご注意下さい。