サイトマップ | お問い合わせ | サイトポリシー |

調剤契約とは何でしょうか?今更聞けずにいます・・。【法律相談】

薬剤師が調剤をするにあたって、患者さんにお薬の交付をする際に調剤契約が成立していると言うことらしいのですが、調剤契約って何ですか?いまいちピンときません。
どのような契約の事をいうのでしょうか?

調剤契約は誰と誰の間で交わされる契約なのか

薬剤師が調剤を行う際に患者から処方箋を預かり、薬剤師は預かった処方箋に沿って調剤をしその調剤によって完成した薬の対価を患者が払います。

ここで締結される契約を調剤契約といいますが、特に契約書を渡すなど目に見える形で書類を交わすわけではありませんね。
調剤契約とは調剤の際に自動的に交わされる契約であり、この関係が法的にみて契約に基づいて調剤を行っているという事になります。

これは、薬剤師と患者の間の契約が交わされているのではなく、患者と薬局開設者との間で交わされた契約となります
薬を調剤した薬剤師はこの場合代行者といわれ、薬局開設者の代わりに調剤をする者という立場となります。

調剤契約の「調剤」の意味について

この調剤契約の「調剤」というのは何を含めているのかというと、投薬だけではなく疑義照会、薬袋の作成、服薬指導、情報提供、など患者が処方箋を薬剤師に渡してから、薬剤師が患者にお薬を渡す間の一連の作業の事をいいます。
また、患者にお薬を交付した後の経過の観察なども今後は調剤契約の内容として含まれると考えられます。

在宅医療が薬剤師の業務のひとつとして認知されていく可能性を考えると、調剤契約に沿った考において患者に対して薬を渡すだけでは調剤契約を履行したことにはならないとされるでしょう。

服役指導の義務とはどの程度の義務なのか

「処方通りに投薬する」という部分においては、薬剤師の知識と能力と技術の結果として患者に適切なお薬を渡すことで義務を遂行しているといえますが、服薬指導というものは患者の病気回復のため最善を尽くすというものなのですがそれがどの程度の義務によって遂行されるものかというのが判断しにくいです。

 

この服役指導義務の定義としてこのような判決命令があります。

「いやしくも人の生命及び、健康管理するべき業務(医業)に従事する者は、その業務の性質に照し、危険防止のために実験上必要とされる最善の注意義務を要求される」と裁判官は述べました。

 

この判決は医師に対して判決命令ですが、薬剤師は調剤に関して独占的な権限を与えられ、命および健康を管理するべき業務に従事しているので薬剤師も同程度の義務を負うと考えてよいでしょう。

この「実験上必要とされる最善の注意義務」をどのように定義するのかがさらに難しいですが、いずれにしても個々の患者の特性あるいはその時の状況によって、何が最善の服薬指導であるかは変わってくると思います。

 

その判断は薬剤師にしかできない相当高度な責務であり、調剤契約の中でも最も技量が問われるところです。
正解はないものとし、それぞれの患者の完治に一番近い対応が必要となるのだと思います。
yakkyoku_uketsuke

薬剤師さんのよくあるトラブルQ&A おすすめ書籍

薬剤師さんにとって、患者さんとのトラブルは出来るだけ避けたいところですが、なかなかそうもいきませんよね。

そんな時は法律に基づいた知識が役に立ちます。

薬局でよくあるトラブルの事例を元に、元薬局薬剤師で現在は弁護士として活躍中の
赤羽根秀宜先生が、法律に基づいて分かりやすく解説されたこちらの書籍がおすすめです。
(Amazonレビュー有り)

赤羽根先生に聞いてみよう 薬局・薬剤師のためのトラブル相談Q&A47

新品価格
¥2,592から
(2015/9/7 15:29時点)





転職の不安と緊張をほぐす!おすすめ記事のご紹介


「国家資格だから、薬の知識が完璧なのは当たり前」

・・と薬剤師さんはハードルを高くもたれがち。

そんな薬剤師さんのプレッシャーを跳ね飛ばし、結果を出すために有効な転職情報です。



【一番重要な基準はずばりココ!】
薬剤師必見!成功の確率を上げる転職サイトの選び方

【ライフスタイルにピッタリの求人を探そう】
働き方を重視した転職サービスを利用する

【年収アップにこだわる方向け】
年収アップ狙い!薬剤師におすすめの年収特化型転職サイト

【どうしても不安が拭えない・・】
未経験者に人気のある薬剤師転職支援サービス

【時間とお金をかけずにブランク解消!】
ブランク有り薬剤師さんにおすすめの転職支援サイト

【激務な職場を避けるために】
できれば避けたい!薬剤師にとって激務な職場とは?

【何から始めればいいのか分からない方へ】
薬剤師が転職を成功させるために最低限必要な知識

【お祝い金の仕組みを解説】
薬剤師の転職支援サービスがお祝い金をくれる理由

【土日休み固定が可能なケースをご紹介】
薬剤師の憧れ!“土日休み”で家族との時間を大切に過ごす

【お給料アップを交渉するコツ】
薬剤師が転職で給料を上げるための相場年収と交渉術





  関連記事

job_jimu
薬剤師と事務員の制服は区別が必要ですか?【法律相談】

私の勤める薬局では薬剤師と事務員の制服が違います。 薬剤師は白衣で事務員は別の制服を着ています。 しかし、薬局によっては …

薬剤師の副業がバレてしまった!
薬剤師ですが副業がバレてしまいました・・・【法律相談】

私は薬剤師ですが、休日や勤務終了後に他の薬局でアルバイトをしていました。 しかし、先日ひょんなことで勤め先の薬局の人にバ …

薬剤師の未来は明るいのでしょうか?
薬剤師の未来とは!?明るい選択肢は薬局に転職すること

薬剤師の転職を考えていますが、今後薬剤師の資格を生かして働く事によってどのような未来が待っているのか検討がつきません。 …

医師の誤処方に気付かず処方してしまった
疑義照会の義務を怠り患者に健康被害が発生してしまった!!【法律相談】

医者が併用禁忌である医薬品2種類を一緒に処方してきましたが、調剤した薬剤師も鑑査した薬剤師もその事に気付かずに、疑義照会 …

服薬指導に答えてくれない患者さんが健康被害に!【法律相談】

薬局では患者さんに副作用歴や併用薬の有無などの服薬指導をしたうえで調剤を行っていますが、まれに質問しても「医者に全て話し …

後発医薬品に変えた患者に副作用が出た!【法律相談】

先日、患者さんから「後発医薬品に変えたい」と要望がありました。 この患者さんは長い間先発医薬品を服用していたので、先発と …

鑑査とピッキング
鑑査とピッキングはどちらの責任の方が重い?【法律相談】

私が薬の取り違えを起こしてしまったために、患者さんに健康被害が発生してしまいました。 その事について自分に過失があると認 …

患者さんがお薬代を払ってくれない
お薬の未払いは患者さんにどう請求すれば良い?【法律相談】

薬局にいつもいらっしゃる患者さんの1人に、お薬の未払い常習者がいます。 薬価の高いお薬なので大変なこともわかりますが、こ …

薬剤師の時間外研修に手当てが出ない!【法律相談】

私の勤める薬局では業務終了時間が18:30なのですが、日によって午後19時から研修があります。 会社からの命令で研修に参 …

dai_byouin
幅広く活躍!薬剤師の資格は意外なところで活用できる!

薬剤師が働く場所といえば、調剤薬局や病院やドラックストアなどが多いと思いますが、その他にどのような場所で働く事ができます …