薬剤師の転職

長引く転職活動の期間を短縮する方法

渡辺さん(千葉県/30歳/女性)のお悩み

転職活動を始めようと思っていますが、あまり長引かせたくないとも考えています。しかし、長引くかどうかは自分の活動次第でもあると思うので、どのように活動すれば効率良く転職が出来るのか教えてください。

転職活動の平均期間は1~3ヶ月未満

ここ数年の転職経験者を対象にした調査によると、活動期間は1~3ヶ月未満という人が圧倒的に多数となっており、平均は2ヶ月前後です。

しかし、それは当然人によるところも大きく、キャリアアップを狙って役職を限定した転職や大手製薬会社などの人気企業では、選考に手間取り結果が出るまでに3ヶ月以上かかる例も珍しくありません。

人気企業や業種を変えて転職するとなれば、転職活動は長期戦になる事は避けられないかもしれません。それは半年かかる場合もあれば1年以上かかるかもしれません。

つまるところ、本人が納得するまでというのが大前提ですので一般的な転職活動期間についてはあまり参考にするべきではないといえます。

【関連記事】 条件が通りやすい!薬剤師の転職で狙い目な時期

転職活動期間を長引かせないためにすること

とはいえ、転職活動を始めてだらだら期間が過ぎてしまうと、転職する事だけが目的となってしまい本来自分がやりたかった事を優先しなくなってしまうケースが多々あります。

そうなってしまうと本末転倒ですので、「いついつまでに何社応募する」とか「現職の繁忙期を避けるためにいついつまでに決める」等の自分独自のスケジュールをしっかり作っておく事が大切です。

リクナビ薬剤師で転職した方の中には、最短3日で転職を成功させた方が多くいらっしゃいます。

リクナビ薬剤師 >>
 

また、いくつかの企業を受けていると自分が希望している条件がぼやけてきてしまう事があります。

そうならないために、必ず自分の現職の状況を整理し、希望条件に優先順位を必ずつけるようにしましょう。そうすると悩む時間を短縮する事もできます。

また、なぜその優先順位なのかという部分まで自分の中で掘り下げて決めていれば、雇用側から見ても意思がはっきりしていると捉えてもらえるので、審査結果も違ってくるはずです。