お悩み相談Q&A

薬剤師の時間外研修に手当てが出ない!【法律相談】

私の勤める薬局では業務終了時間が18:30なのですが、日によって午後19時から研修があります。
会社からの命令で研修に参加しているのですが、この研修時間に対して手当てなどが発生しません。管理者の言い分としては薬剤師である以上知識を得るため勤勉義務があると言われ、無賃金で行われる時間外研修が不当であるという主張が通りません。
 
もちろん薬剤師は新しい情報や知識の共有などを常に意識する必要はあるかとは思いますが、時間を拘束されて行う研修とは意味が違うと思いますし、立派な残業だと思います。
 
このような運用には問題があると思いますし労働基準法違反ではないでしょうか?
どのように説明すれば管理者に納得してもらえるでしょうか?

手当てなしの時間外労働は労働基準法違反です

この研修を受けている時間が労働時間にあたるのかどうかというのがポイントです。

法的に「労働時間」というのは「労働者が使用者の指揮監督のもとにある時間」とされ、たとえ就業規則や労働契約等で「研修は労働時間ではない」と定められていたとしても、実質的に指揮監督下にあるかどうかで判断しなければいけません。

 

この場合、労働基準法で定められた労働時間(8時間)を超えて就業時間外に会社が薬剤師に命令しており、指揮監督のもと強制して研修を行っているため労働賃金が発生しないのは不当であり、労働基準法違反になると考えられます。

また、労働基準法に従い使用者は「時間外労働」をした薬剤師に対し通常賃金の2割5分以上の支払いをする必要があります。
study_nurse

[book_akabane]