お悩み相談Q&A

薬剤師と看護師はどちらがコスパ高い?

薬剤師と看護師の資格を取得し、就業した中で発生するお給料や勤務条件その他総合的にみてコストパフォーマンスが高いのはどちらでしょうか?例えば、転職の際につぶしがきく方はどちらなのでしょうか?

看護師のお仕事は体力勝負

看護師は残業や時間外の勉強など、拘束時間は長く重労働であったり夜勤があり、ミスが許されない現場であるので神経が擦り減る事もしばしばです。

 

その割に、お給料が見合っていないという声がよく聞こえてきます。人間関係もかなり厳しく女性が多い職場のため気苦労が絶えないとか・・。

 

薬剤師と看護婦とどちらがお給料と割りに合うかという観点でいうとやはり薬剤師の方が比較的待遇もよく、将来的な選択肢も幅広いと言えます。

 

 

薬剤師は勤務地が多岐に渡る

女性であれば結婚後も薬剤師の資格を生かして、体力的に無理のない範囲でパートとして働く事もできますし、働く場所は看護師のように病院に留まらずドラックストアや地域の薬局など勤めやすいという点もあります。

 

nurse_angry

 

 

看護師よりも薬剤師の方が年収アップの可能性が高い

看護師は余程の才能がない限り最終的に病院を持つことが出来ませんから、乱暴に言ってしまえば死ぬまで雇用されて働き続けることになります。

 

雇用されているということは、決定権は経営側にあるため年収はおろか就業条件や勤務地なども自由に選ぶことが出来ないのです。

 

看護の仕事にやりがいを求めていたり、体力にも自信があり年収に天井があっても文句はないというのであれば、看護師を選ぶこともアリかと思いますが、コスパという意味で優位性があるのはやはり薬剤師です。

 

と言いますのも、薬剤師は管理薬剤師を経て薬局経営者という道もありますから、年収は天井知らずだからです。

 

そういう意味でも、年収に限らず全ての条件において医療職種の看護師と薬剤師では、軍配が上がるのは薬剤師と言えるでしょう。

 

もしも薬剤師が最終的にどのくらいの年収を稼げるのかを知りたいのなら、薬剤師専門の転職サービスに登録してみてはいかがでしょうか。

 

登録後に薬剤師のお給料について詳しい情報を取得できます。

 

数ある薬剤師専門転職サービスの中で薬剤師の年収事情に最も詳しいおすすめの転職サービスはマイナビ薬剤師です。

 

また、求人紹介数に圧倒的な強みがあるため転職を有利に進めるための情報が段違いです。

 

薬剤師の職種情報を取得するならマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師 ⇒ 一人あたりの平均紹介求人数が22.8件と非常に高い

薬剤師転職サイトランキング,マイナビ薬剤師

おすすめ度:★★★★★
大手マイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。
グループ全体の知名度と営業力を柱とした求人数が豊富です。マイナビ薬剤師の強みは一人あたりの平均求人紹介数が22.8件と、紹介してくれる求人数の多さが信頼の証です。