サイトマップ | お問い合わせ | サイトポリシー |

医薬品のネット販売で薬剤師がおさえておくべきルール

ネットでお薬を販売したいと考えている薬剤師さんに向けて

販売時に知っておくべき条件やルールについて、こちらにまとめました。

 

医薬品をネット販売できる条件

2015年5月現在の医薬品をネット販売するための条件は次のとおりです。

  • 医薬品販売許可を得た店舗型のお店がある事(薬局・ドラックストア)
  • 一般用医薬品のみの販売である事(要指導医薬品は原則3年後)

医薬品のネット販売のルール

お薬をネット販売するにあたり、次の項目を全て満たしておく必要があります。

店舗型のルール

  • 購入者の見やすい場所に標識
  • 購入者が容易に出入りできる構造
  • ネットの他に、対面や電話での相談体制を整備
  • 広さは薬局の場合は19.8㎡以上(調剤室6.6㎡以上必要)。薬店の場合は13.2㎡以上が必要
  • 照明は60ルスク以上
  • 十分な喚起、清潔さ、居住空間との隔離
  • 情報提供カウンター
  • 週30時間以上を目安に実店舗の開店
  • 薬剤師等の専門家による薬局などの実地の管理
  • 営業時間内の薬剤師等、専門家の常駐
  • 薬剤師等の専門家の名札等の着用
  • テレビ電話の設置など薬事監視を確実に行える仕組みの整備(店舗閉店時にネット販売を行う場合)
  • 専門家の氏名・販売時刻等の記録の作成・保存(1類義務、2類・3類努力義務)(店舗販売も同様)

 

ネット販売のルール

店舗型のルールに加え、次の内容を満たす必要があります。

  • 店舗名称を厚労省のHPに一覧を掲載
  • メールの自動送信・一斉送信不可
  • ネットの他に、対面や電話での相談体制を整備
  • 販売記録の作成・保存(第1類医薬品は義務/第2類・3類は努力義務)
  • 購入者が情報提供内容を理解した旨の確認(※2)
  • 購入者に再質問がない事の確認(※2)
  • 指定第2類について、禁忌の確認を促すための掲示・表示等(※1)
  • 情報提供義務免除の範囲および判断者の見直し(継続使用者等について、薬剤師が情報的今日の要否を判断)(※2)
  • 乱用などのおそれのある医薬品の販売個数の制限など(※1)
  • 使用期限の表示・使用期限切れの医薬品の販売禁止(※1)
  • オークション形式での販売の禁止(※1)
  • 購入者によるレビューや口コミ、レコメンドの禁止(※1)
  • モール運営者の薬事監視への協力(※1)

(※1)薬剤師は厚労省HPで確認可能。登録販売者は各自治体に問い合わせ)

 

サイト上の表記のルール

webサイト上に記載する必要のある項目になります。

  • 実店舗の写真
  • 許可区分(薬局または、店舗販売業)
  • 許可証の記載事項(薬局開設者名、店舗名、所在地、所轄自治体名等)
  • 薬局・店舗の管理者名
  • 当該店舗に勤務する薬剤師・登録販売者の性別・指名担当業務等(※2)
  • 対応専門家の勤務シフト表の表示(※2)
  • 取り扱う一般用医薬品の区分
  • 現在勤務中の薬剤師・登録販売者の性別・指名
  • 営業時間・営業時間外の相談時間
  • 注文のみの受付時間がある場合にはその時間
  • 通常相談時及び緊急時の連絡先
  • 店舗の開店時間とネットの販売時間が異なる場合は、それぞれの時間帯
  • 第1類~第3類の定義及び解説
  • 第1類~第3類の表示や情報提供に関する解説
  • 指定第2類の販売サイト上の表示などの解説および禁忌の確認・専門家への相談を促す表示
  • 一般用医薬品の販売サイト上の表示の解説
  • 副作用被害救済制度の解説
  • 販売記録作成に当たっての個人情報利用目的
  • その他必要な事項(自治体、業界団体などの苦情相談窓口など※施行通知で明示)
  • 店舗での陳列(=表示)の状況をわかる写真を表示する事
  • リスク区分別に表示する方法を確保すること
  • サイト内検索の結果を、各医薬品のリスク区分についてわかりやすく表示する事
  • 医薬品の使用期限を明記する事

(※2)薬剤師は厚労省HPで確認可能。登録販売者は各自治体に問い合わせ)

 

実店舗については、既にルールを満たしているかと思いますが、ネット販売を行う場合は以上の事を全て満たしておく必要があります。

表記イメージ

一部のイメージですが、下記のような表記が必要になります。
(※ケンコーコムサイトより抜粋)

実店舗の写真

nethanbai1png

使用上の注意・用法要領

nethanbai2png

医薬品一覧

nethanbai3png

 

・・このように、ネット販売では非常に多くの項目を満たす必要があります。

お薬は命に直接関わりのある商品であるため、取り扱いはとても慎重になるため致し方ありません。

 

医薬品ネット販売サイト一覧

他の薬局・ドラックストアではどのようなサイトで医薬品販売をしているのか気になる方は、厚生労働省に報告されている、医薬品ネット販売サイト一覧をご覧下さい。

一般用医薬品の販売サイト一覧

 

 

転職の不安と緊張をほぐす!おすすめ記事のご紹介


「国家資格だから、薬の知識が完璧なのは当たり前」

・・と薬剤師さんはハードルを高くもたれがち。

そんな薬剤師さんのプレッシャーを跳ね飛ばし、結果を出すために有効な転職情報です。



【一番重要な基準はずばりココ!】
薬剤師必見!成功の確率を上げる転職サイトの選び方

【ライフスタイルにピッタリの求人を探そう】
働き方を重視した転職サービスを利用する

【年収アップにこだわる方向け】
年収アップ狙い!薬剤師におすすめの年収特化型転職サイト

【どうしても不安が拭えない・・】
未経験者に人気のある薬剤師転職支援サービス

【時間とお金をかけずにブランク解消!】
ブランク有り薬剤師さんにおすすめの転職支援サイト

【激務な職場を避けるために】
できれば避けたい!薬剤師にとって激務な職場とは?

【何から始めればいいのか分からない方へ】
薬剤師が転職を成功させるために最低限必要な知識

【お祝い金の仕組みを解説】
薬剤師の転職支援サービスがお祝い金をくれる理由

【土日休み固定が可能なケースをご紹介】
薬剤師の憧れ!“土日休み”で家族との時間を大切に過ごす

【お給料アップを交渉するコツ】
薬剤師が転職で給料を上げるための相場年収と交渉術





  関連記事

kekkan_kessen
要点が分かる高脂血症治療薬の服薬指導

高脂血症とは血液の中の何が増える病気でしょうか? そうです、コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が増える病気です …

hair_barcode
薄毛に効く副作用をもたらしてくれる意外なお薬

頭部の薄毛や禿の男性は多く、多くの男性の悩みのタネではないでしょうか? 薄毛の原因と言われている男性ホルモンですが、この …

doctor_isya_warui
今後の薬局薬剤師にはサービスの差別化が求められる

医薬分業は国の政策のひとつですが、どのような理由でこの政策が始まったのでしょうか? そこには、医療業界の闇が隠されていま …

医薬品のネット販売で薬剤師が知っておきたい事

医薬品のネット販売が2014年6月に解禁され、ネット業界と医薬品業界に衝撃が走りました。 お薬は一般の商品とは性質が異な …

body_shinzou
狭心症と心筋梗塞に処方するお薬

高齢者に多い病気は臓器でいうとどこにあたると思いますか? そうですね、なんといっても心臓の病気です。 その中でも狭心症と …

body_i_good
要点が分かる胃潰瘍に効く胃薬の服薬指導

こちらの記事は、薬剤師が知っておきたい胃の病気に関わる情報を要点的にお伝えします。 胃の病気 胃は毎日食べるご飯を消化し …

kounaien
「口内炎の特効薬はチョコラBB」が真実でない本当の理由

チョコラBBというお薬を知っている方は大勢いらっしゃると思います。そしてチョコラBBが口内炎に効くというのが常識のような …

snackgashi
要点が分かる糖尿病治療薬の服薬指導

あなたは糖尿病について理解し、患者さんへの服薬指導を的確にできていますか? また、糖尿病を患っている患者さんは自分の病気 …

kyoufusyou_ansyo
市販薬でも副作用で死亡する事があります。

市販の風邪薬、漢方薬、育毛剤、鼻炎薬、などの副作用で毎年死亡事故が起きている事をご存知でしょうか? 市販薬で死亡事故が起 …

yakuzaishi_ochikomu
薬剤師が服薬指導でストレスを抱えないために

薬剤師の重要な仕事である「服薬指導」ですが、患者に情報を提示してもらえず的確な服薬指導がなかなか出来ていないのが薬剤師の …