お薬豆知識

医薬品のネット販売で薬剤師がおさえておくべきルール

ネットでお薬を販売したいと考えている薬剤師さんに向けて

販売時に知っておくべき条件やルールについて、こちらにまとめました。

 

医薬品をネット販売できる条件

2015年5月現在の医薬品をネット販売するための条件は次のとおりです。

  • 医薬品販売許可を得た店舗型のお店がある事(薬局・ドラックストア)
  • 一般用医薬品のみの販売である事(要指導医薬品は原則3年後)

医薬品のネット販売のルール

お薬をネット販売するにあたり、次の項目を全て満たしておく必要があります。

店舗型のルール

  • 購入者の見やすい場所に標識
  • 購入者が容易に出入りできる構造
  • ネットの他に、対面や電話での相談体制を整備
  • 広さは薬局の場合は19.8㎡以上(調剤室6.6㎡以上必要)。薬店の場合は13.2㎡以上が必要
  • 照明は60ルスク以上
  • 十分な喚起、清潔さ、居住空間との隔離
  • 情報提供カウンター
  • 週30時間以上を目安に実店舗の開店
  • 薬剤師等の専門家による薬局などの実地の管理
  • 営業時間内の薬剤師等、専門家の常駐
  • 薬剤師等の専門家の名札等の着用
  • テレビ電話の設置など薬事監視を確実に行える仕組みの整備(店舗閉店時にネット販売を行う場合)
  • 専門家の氏名・販売時刻等の記録の作成・保存(1類義務、2類・3類努力義務)(店舗販売も同様)

 

ネット販売のルール

店舗型のルールに加え、次の内容を満たす必要があります。

  • 店舗名称を厚労省のHPに一覧を掲載
  • メールの自動送信・一斉送信不可
  • ネットの他に、対面や電話での相談体制を整備
  • 販売記録の作成・保存(第1類医薬品は義務/第2類・3類は努力義務)
  • 購入者が情報提供内容を理解した旨の確認(※2)
  • 購入者に再質問がない事の確認(※2)
  • 指定第2類について、禁忌の確認を促すための掲示・表示等(※1)
  • 情報提供義務免除の範囲および判断者の見直し(継続使用者等について、薬剤師が情報的今日の要否を判断)(※2)
  • 乱用などのおそれのある医薬品の販売個数の制限など(※1)
  • 使用期限の表示・使用期限切れの医薬品の販売禁止(※1)
  • オークション形式での販売の禁止(※1)
  • 購入者によるレビューや口コミ、レコメンドの禁止(※1)
  • モール運営者の薬事監視への協力(※1)

(※1)薬剤師は厚労省HPで確認可能。登録販売者は各自治体に問い合わせ)

 

サイト上の表記のルール

webサイト上に記載する必要のある項目になります。

  • 実店舗の写真
  • 許可区分(薬局または、店舗販売業)
  • 許可証の記載事項(薬局開設者名、店舗名、所在地、所轄自治体名等)
  • 薬局・店舗の管理者名
  • 当該店舗に勤務する薬剤師・登録販売者の性別・指名担当業務等(※2)
  • 対応専門家の勤務シフト表の表示(※2)
  • 取り扱う一般用医薬品の区分
  • 現在勤務中の薬剤師・登録販売者の性別・指名
  • 営業時間・営業時間外の相談時間
  • 注文のみの受付時間がある場合にはその時間
  • 通常相談時及び緊急時の連絡先
  • 店舗の開店時間とネットの販売時間が異なる場合は、それぞれの時間帯
  • 第1類~第3類の定義及び解説
  • 第1類~第3類の表示や情報提供に関する解説
  • 指定第2類の販売サイト上の表示などの解説および禁忌の確認・専門家への相談を促す表示
  • 一般用医薬品の販売サイト上の表示の解説
  • 副作用被害救済制度の解説
  • 販売記録作成に当たっての個人情報利用目的
  • その他必要な事項(自治体、業界団体などの苦情相談窓口など※施行通知で明示)
  • 店舗での陳列(=表示)の状況をわかる写真を表示する事
  • リスク区分別に表示する方法を確保すること
  • サイト内検索の結果を、各医薬品のリスク区分についてわかりやすく表示する事
  • 医薬品の使用期限を明記する事

(※2)薬剤師は厚労省HPで確認可能。登録販売者は各自治体に問い合わせ)

 

実店舗については、既にルールを満たしているかと思いますが、ネット販売を行う場合は以上の事を全て満たしておく必要があります。

表記イメージ

一部のイメージですが、下記のような表記が必要になります。
(※ケンコーコムサイトより抜粋)

実店舗の写真

nethanbai1png

使用上の注意・用法要領

nethanbai2png

医薬品一覧

nethanbai3png

 

・・このように、ネット販売では非常に多くの項目を満たす必要があります。

お薬は命に直接関わりのある商品であるため、取り扱いはとても慎重になるため致し方ありません。

 

医薬品ネット販売サイト一覧

他の薬局・ドラックストアではどのようなサイトで医薬品販売をしているのか気になる方は、厚生労働省に報告されている、医薬品ネット販売サイト一覧をご覧下さい。

一般用医薬品の販売サイト一覧