お薬豆知識

要点が分かる糖尿病治療薬の服薬指導

あなたは糖尿病について理解し、患者さんへの服薬指導を的確にできていますか?
また、糖尿病を患っている患者さんは自分の病気の事を医師や薬剤師の説明でどのくらい理解しているでしょうか?

ここでは糖尿病に関わる薬剤師が知っておくべき情報を要点的にお伝えします。

糖尿病のタイプと原因

糖尿病とはすい臓から出てくる「あるホルモン」が不足するために起こる病気です。

そのホルモンとはなんでしょうか?

そうです、インスリンです。
インスリンは食べ物として含まれる糖質を、血液の中でブドウ糖に変えてエネルギーになる時の重要な役割を担っています。

糖尿病には二つのタイプがあります。

  • インスリン依存型糖尿病→子供や若い人
  • インスリン非依存型糖尿病→中年以降に発病

 

非依存型は依存型に比べ9割以上を締める割合で発病しています。
中年以降に多いインスリン非依存型は次のような原因で発病します。

  • 遺伝的な素因
  • ストレス
  • 運動不足
  • 肥満
  • 過食

肥満や過食でインスリンを体が必要としているのに、インスリンの量が不十分で細胞内のブドウ糖が不足して栄養不足になり、一方で血液の中では利用されない糖が無駄に貯まってしまい高血糖となり尿に糖分が出てくるのです。

要は血液の中の糖のバランスが悪くなっているという事ですね。

糖尿病は、

  • 口が乾く
  • 尿が多くでる
  • 体重が減る

 

などの症状が現れますが、高齢者の場合このような典型的な症状が現れにくいため注意が必要です。

metabolic_man

糖尿病が怖いといわれる理由は?

糖尿病で注意が必要なのが、合併症です。
血液が高血糖のため障害が全身に起こり、下記のような病気を引き起こす可能性があります。

  • 糖尿病性結膜症
  • 糖尿病性腎症
  • 感染症
  • 脳梗塞
  • 狭心症
  • 心筋梗塞

感染症は細菌による抵抗性がなくなるためで、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞は血糖値の高い状態が長く続くとリスクが高くなります。
そのため、治療は早ければ早い程良いので血液検査を定期的にするよう呼びかけます。

糖尿病をお薬で治療をする目的

糖尿病はお薬で血糖値を正常の範囲内にコントロールすることが大切です。
血糖値が高い状態が続くと、深刻な合併症を引き起こすリスクが高いためです。

糖尿病は治療が必要ですが、完全に治る病気ではありません
そのため、発病したら一生付き合っていく覚悟が大切です。

そして、糖尿病はお薬だけで治せる病気ではありません。
糖尿病の治療で大切なのは大きく分けてこの2つです。

  • 食事療法
  • 運動療法

いい生活習慣を形成すること、そして血糖値をコントロールするためにも薬を正しく服用する事が基本です。

metabolic_running_man

糖尿病の服薬指導に役立つおすすめ書籍

糖尿病について、分かりやすくコンパクトに要約されています。
ここを確認しておかないと糖尿病の治療に携われない」とレビューにあるように
薬剤師が知っておきたい最新情報が満載です。
(Amazonレビュー有り)

最新 糖尿病診療のエビデンス

新品価格
¥3,024から
(2015/9/13 02:51時点)

糖尿病治療ガイド 2014ー2015

新品価格
¥756から
(2015/9/13 02:45時点)


糖尿病に効くお薬の種類と副作用

糖尿病に使う薬には経口薬と注射薬があります。
経口タイプには下記のような5つのタイプがあります。

お薬の種類 お薬の利き方 副作用
スルホニル尿素薬 すい臓からインスリンを出す作用があります。
効果は比較的弱く、副作用も比較的少ない第一選択薬です。
・食欲がない
・お腹が張る
・便秘になる
・ムカムカする
・下痢をする
・お腹が鳴る
・おならが出やすい
・発疹
アミノ酸誘導体 すい臓からインスリンを早く出す作用があります。
食前に服用すれば食後の血糖をコントロールできます。
・食欲がない
・お腹が張る
・便秘になる
・ムカムカする
・下痢をする
・お腹が鳴る
・おならが出やすい
・発疹
ビグアナイド薬 インスリンの作用を増強させます。
スルホニル尿素薬で効果が不十分な時に併用されます。
・食欲がない
・お腹が張る
・便秘になる
・ムカムカする
・下痢をする
・お腹が鳴る
・おならが出やすい
・発疹
αグルコシダーゼ阻害薬 炭水化物の消化を遅らせて、ブドウ糖の分解が遅くなり、
食後の急激な血糖の上昇を抑えます。
・食欲がない
・お腹が張る
・便秘になる
・ムカムカする
・下痢をする
・お腹が鳴る
・おならが出やすい
・発疹
インスリン抵抗性改善薬 インスリンの作用の効率をよくして血糖を効率よくコントロールします。 ・食欲がない
・お腹が張る
・便秘になる
・ムカムカする
・下痢をする
・お腹が鳴る
・おならが出やすい
・発疹

患者さんに日頃注意してもらうこと

糖尿病の薬の使用中に、注意をしたいのは低血糖を起こさないことです。
このよう症状が出たら医師や薬剤師に相談すること

  • 吐き気がする
  • ドキドキする
  • 冷や汗が出る
  • 顔が真っ青になる
  • 力が抜ける

重い場合は「意識がなくなる」「昏睡状態になる」など危険な場合もあります。
このような低血糖症状が起きる原因としては血糖値を下げすぎた場合に起きます。
そのため

  • 糖尿病の薬の飲みすぎ
  • 食事を抜く

このような事をしないよう気をつける事

糖尿病の薬を飲む時は必ず食事を摂るようにします。
服用量に見合う食事量を守る事が大事です。
低血糖の症状が起きても、日頃からすぐに糖分を補給できるように、飴やスティックシュガーなどを手元に置いておくと安心です。
外出時には今飲んでいる薬の内容や、かかりつけ医師の連絡先などを書いた「糖尿病カード」を携帯しましょう。
コレステロールや中性脂肪値が高いままでいると動脈硬化となり心筋梗塞や脳血管障害などの重篤な病気になるリスクがあるので注意すること
yakegui_kinshi

高脂血症治療薬の重篤な副作用

糖尿病に使う薬の中には、低血糖症状が現れる事があります。
また、非常にまれですが、肝障害といわれる副作用が現れることがあります。
このような症状が現れたら服薬をすぐに中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

低血糖症状

  • 急に強い空腹感がある
  • 冷や汗が出る
  • 寒気がする
  • ドキドキする
  • 手足が震える
  • 目がちらつく
  • ふらつく
  • 力が抜けた感じがする

肝障害

  • 熱が出る
  • ブツブツの発疹
  • 食欲がなくなる
  • 全身がダルイ
  • 皮膚や白目が黄色くなる
  • 体がかゆい