薬剤師の職種

薬剤師さん必見!CROの転職にまつわる4つの誤解

CROで仕事をすれば、新薬の開発に携わる事が出来るのがとても魅力的です。
最近は薬剤師の資格を活かして、CRO業界へ転職を希望している方が増えています。

それは薬剤師の資格を活かすには、CROはとてもやりがいのあるお仕事だからです。
そんなCRO業界にもたれがちなよくある誤解を、こちらで解説いたします。

【関連記事】 CROの仕事内容と薬剤師が重宝される理由

CROへの転職は激務でキツイのが心配?

CROは激務だから自分に合わないと思っていませんか?

実はそんな事はないんです。

その理由として、CROには外に出るお仕事もあればデスクワーク中心のお仕事もあるからです。

 

CROには勤務形態が複数分かれており、激務と言われがちなのが、外に出るお仕事が中心のCRA(臨床開発モニター)というお仕事です。

この部署の場合は病院や医薬品関連機関へ足を運ぶ外勤が中心です。

そのため、全国の病院に出向いたりするので、フットワークが軽く活発なタイプの方に向いています。

医師とお薬の事で話しをしたり臨床現場で活躍したりと、忙しいながらもやりがいを求める方に向いている職種です。

 

一方で、出産後や能力的な理由で外で活発に働くより室内で集中して仕事をしたい人に向いているCRC(治験コーディネーター)という部署があります。

自分の適性に合わせてある程度自由に選ぶ事が可能なため、働きやすい職場であると、特に女性から人気となっています。

 

例えば

  • 臨床試験のデータをパソコンに入力・修正・管理・電子化するお仕事
  • 治験結果を元に治験薬が既存の市販薬よりも効果があるのかどうかを分析するお仕事
  • 治験の実施やデータ管理が新GCPや関連の品質保証を管理するお仕事

このように、CROには比較的社外との接点が少ないデスクワーク中心のお仕事もあります。

CROは基本的に大阪、東京に本社があり、勤務地も本社となる場合が多いです。

 

治験の業界が初めての中途社員も多く、看護師や薬剤師出身の方が多いこともあり、産休・育休の制度も有効に活用されています(多くの社員が結婚・出産後も活躍し続けています)。

薬剤師転職支援サイトで紹介されているCRCの求人

マイナビ薬剤師に掲載中のCRC(治験コーディネーター)のお仕事の一部です。

mainabi_crc1 mainabi_crc2 mainabi_crc3

 

マイナビ薬剤師は1人あたりに紹介してくれる求人数が20件と、圧倒的に多いです。
お仕事は登録後に紹介してもらえます。登録は無料です。

マイナビ薬剤師に登録してみる>>

CROは製薬会社の下請けだから立場が弱い?

CROは製薬会社の下請けだから立場が弱く製薬会社に頭が上がらないと思っていませんか?

そんな事はありません。

今後の医薬品業界の動向からみて、メーカーが新薬の開発業務、特に臨床試験のアウトソーシングを進めていく方針であるため、製薬会社にとってなくてはならない存在となります。

むしろ今後はCROが立場上優位となる状況になる可能性が高いです。

 

なぜ、CROが製薬会社に立場上優位に立てるのかというと、厚生労働省が国際共同治験積極化な参加を推進している事が大きく影響しています。
簡単にいうと、くすりの効果と安全性を世界共通の基準にしていきましょう。という世界規模の試みです。

 

国の国際共同治験の積極化に伴い、国内大手製薬会社は医薬品の研究に集中する傍ら、外資系製薬会社の合併・買収を視野にいれます。
そして新薬の開発、発売のスピードアップに取り組まなければなりません。

世界規模で推進されている試みにしっかり追いついていかなければ、業界から取り残されてしまうからです。

しかし、外資系製薬会社に比べ国際共同治験で後れをとる国内製薬会社は、大手といえども国際共同治験のノウハウは乏しいのです。

chikyuu

そのような背景があり、外資系製薬会社ではCROとのパートナーシップを重要なものとし、単なるアウトソーシングではなく、 リスクと利益を共有するビジネスモデルに転換する企業が出始めました。
世界各国がそれぞれ重要視している分野なので、CROの取り合いになるという構図です。

そのため、外資系製薬会社と強いパートナーシップを結ぶCROとの関係は、国内大手製薬会社にとって重要な位置づけとなっていく事が考えられます。
ですので、決して製薬会社より立場が弱いとはいえない存在なのです。

 

また、CROには製薬会社の開発部門に常駐する派遣型の業務も存在しているため、製薬会社の社員と同じ仕事をする事もあります
そこで製薬会社の役に立つ仕事ぶりを発揮し、実力をアピールする事が出来れば働きにくいという状態は生まれません。

 

CROは製薬会社に対し、困難なデータの蓄積、他社メーカーで培った信頼される臨床試験ノウハウの提供をします。
そのような理由があり、CROと製薬会社は常に対等なパートナーとして存在しています。

business_akusyu

CROは「福利厚生」が薄く給料も安い?

CROは「福利厚生」が薄く給料も安いと思っていませんか?

 

お給料や福利厚生の額に関しては主観的な側面があるため、相場を元に実際に確かめるしかありません。

CRA(臨書開発モニター)経験3~5年前後で年収500~600万円の提示を受ける方が最も多く、管理職経験があれば外資系への転職で年収1000万円以上も狙えます。

CRAは一つの会社に長くいるよりも転職を2~3回重ねたほうが給料が上がることが多いようです。

 

福利厚生の充実をアピールしているCROには、ベルシステムやSRD、メディサイエンスなどの大手が有名です。

有給休暇や育児休暇などが取得しやすく、育児休暇明けにも適切なフォローがあるなど、その他手当てなども充実しており、社員にとって働きやすい職場になっています。

 

マイナビ薬剤師で紹介してもらえるCRA(臨床開発モニター)のお仕事情報の一部です。

mainabi_crc4

 

マイナビ薬剤師は1人あたりに紹介してくれる求人数が20件と、圧倒的に多いです。
お仕事は登録後に紹介してもらえます。登録は無料です。

マイナビ薬剤師に登録してみる>>

CROの平均勤続年数が少なく安定して働けない?

CROの平均勤続年数が少なく安定して働けないと思っていませんか?
CROで働く人は皆すぐに辞めてしまうというのは誤解があります。

CROの中で離職率の高い職種はCRAに集中しているためです。

 

CRAは外出が中心で、時には宿泊を伴う出張もあります。

担当するプロジェクトや医療機関によって、深夜まで残業があったり休日出勤もゼロではありません。
そのため、自分の生活スタイルが崩れてしまった人などは早期離職を検討します。

しかし、CRAは一時的に忙しくなるので、365日忙しい訳では無く、CRA業務にやりがいを感じている方も多く居るので、意外と激務が理由で辞めている人は少ないです。

 

CRAでの離職率が多い理由には、転職を行なっている人が多い点があります。

CRA業務の経験者は、どのCROでも求められる人材です。

そして、CRA経験者の転職では、給与等の条件も非常に高くなる傾向があります。
そのためCRAとして働く人の中には、転職を考える人も多いのです。

特に派遣型CROの場合製薬メーカーの中でお仕事したり、様々な医療現場を実際に目にする機会が多い職種でもあるので自分が興味を持った仕事に転職希望を持ちやすい面がある職種といえます。

doctor_run

まとめ

活躍の場が広がる薬剤師の資格ですが、このように薬の開発というかたちで患者さんのサポートをしていけるCROの業界はまだまだ未知なる可能性を秘めた、薬剤師に人気の業界です。

イメージ的な誤解によって、せっかくあなたに向いている転職先を見逃さないようにしてくださいね。