サイトマップ | お問い合わせ | サイトポリシー |

薬剤師のキャリアアップに!国際共同治験のお仕事

国際共同治験とは、日本・アメリカ・ヨーロッパや世界各地で同時に実施する治験のことです。

これまで国内だけで完結していた治験を全国統一で行う事で、新薬を世界に同時に販売できるようにしましょう。というプロジェクトです。

薬剤師資格が活かせるお仕事なので、英語力を活かして働きたい方におすすめです。

chikyuu_cro

国際共同治験のメリット

国際共同治験に参加する事で医薬機関にとって次の様なメリットがあります。

  • 世界で同時に開発・申請・承認が可能になる
  • 一国あたりの症例数が少なくなり短期間で治験が終了できる
  • 様々な人種のデータを集めることができる
  • 全体の症例数が多いため発生頻度の低い副作用を発見しやすい
  • 全体の症例数が多いためデータの信頼性が高まる

国際共同治験プロジェクトの主な仕事内容

国際共同治験のお仕事は主に下記の機関の臨床開発部門で行われています。

  • CRO(受託臨床試験機関)
  • 製薬会社

仕事を主に担当するのはCRA(臨床開発モニター)と呼ばれる職種です。
CRAのお仕事は下記の内容となります。

  • 臨床試験がプロトコール通りに進行しているのかを監査
  • 臨床試験で得たデータの解析
  • 医療機関に直接訪問し、臨床試験が実施計画書や薬事法に従って適切に実施されているかどうかを確認
  • 臨床試験の進捗状況を調べ、調査票の記入依頼・回収・精査

国際共同治験として扱う事ができるように、これらの仕事をプロトコールをはじめ文書・メール等は全て英語で対応する必要があります。
 
 
薬キャリ(エムスリーキャリア)で紹介してもらえる国際共同治験のお仕事情報の一部です。

yakukyari_kokusaichiken2

yakukyari_kokusaichiken1

薬キャリは、求人情報数が3万件以上ある、業界最大級の薬剤師専門転職サイトです。
お仕事は登録後に紹介してもらえます。登録は無料です。

薬キャリ(エムスリーキャリア)に登録してみる

国際共同治験の今後の課題

今まで国内では電子カルテの整備や言語の違いなど、国際共同治験に参加するための障害があり、ほとんど実施されてきませんでした。

最近では厚生労働省がガイドラインを作成するなど、国際共同治験の実施を推進していることもあり、国内でも国際共同治験の実施件数が増えています。

しかし、世界規模での情報の管理が必要となる国際共同治験は課題が山積みです。
日本で常識的に通じていることが、海外では通じないというが往々にしてあるので、各国の相互理解の重要性が問われています。

国際共同治験で培われるスキル

国際共同治験の経験があれば、世界で通用する高度なスキルを持ち合わせていると見なされます。
英語能力をはじめとし次のような能力を今後はアピールポイントとして転職やキャリアアップに役立てる事が出来ます。

  • 英語能力
  • 問題解決能力
  • 論理的な説明力
  • コミュニケーション能力
  • 医薬的専門知識
  • チームワーク
  • タイムマネジメント
  • 折衝能力
  • 戦略的思考力
  • 周囲との関係構築力

このようなスキルがあれば、国内のみならず海外を拠点とする企業での活躍のも期待できます。
また、国際共同治験の経験を活かしマネジメントをする立場へキャリアチェンジする事で年収も大台を望める事となりえます。

 

presentation_woman

転職の不安と緊張をほぐす!おすすめ記事のご紹介


「国家資格だから、薬の知識が完璧なのは当たり前」

・・と薬剤師さんはハードルを高くもたれがち。

そんな薬剤師さんのプレッシャーを跳ね飛ばし、結果を出すために有効な転職情報です。



【一番重要な基準はずばりココ!】
薬剤師必見!成功の確率を上げる転職サイトの選び方

【ライフスタイルにピッタリの求人を探そう】
働き方を重視した転職サービスを利用する

【年収アップにこだわる方向け】
年収アップ狙い!薬剤師におすすめの年収特化型転職サイト

【どうしても不安が拭えない・・】
未経験者に人気のある薬剤師転職支援サービス

【時間とお金をかけずにブランク解消!】
ブランク有り薬剤師さんにおすすめの転職支援サイト

【激務な職場を避けるために】
できれば避けたい!薬剤師にとって激務な職場とは?

【何から始めればいいのか分からない方へ】
薬剤師が転職を成功させるために最低限必要な知識

【お祝い金の仕組みを解説】
薬剤師の転職支援サービスがお祝い金をくれる理由

【土日休み固定が可能なケースをご紹介】
薬剤師の憧れ!“土日休み”で家族との時間を大切に過ごす

【お給料アップを交渉するコツ】
薬剤師が転職で給料を上げるための相場年収と交渉術





  関連記事

isogashii_woman
薬剤師のサービス残業が起きにくい職場の特徴

サービス残業って嫌ですよね。 出来ればやりたくないのが本心です。 しかし、仕事を頼まれればやらないわけにはいかないですし …

mensetsu_mensetsukan
心配ご無用!在籍中に転職活動している方が8割

吉田さん(東京都/25歳/女性)のお悩み 会社を辞めないと転職活動が思い通りにいかないイメージがあるのですが、実際はどう …

whiteboard_memo
数字でみる!薬剤師が体験した転職活動の実態

転職を考え始めた方なら誰もが気になるのが、転職に成功した経験者たちの生の声ですよね。 過去の薬剤師転職経験者の生の声を知 …

yakuzaishi_egao
薬剤師と看護師はどちらがコスパ高い?

薬剤師と看護師の資格を取得し、就業した中で発生するお給料や勤務条件その他総合的にみてコストパフォーマンスが高いのはどちら …

yakuzaishi_angry
もー嫌!!一人薬剤師が転職を決めた瞬間の出来事

仕事をしていると「もー嫌!!」 そんな風に思った事ありますよね? 働いていると本当に色々な事があります。 上司から理不尽 …

salaryman_money
志望動機を「高額給与」と言ってしまうのは損でしょうか?

堀部さん(神奈川県/28歳/女性)のお悩み 前職のお給料が低かった事もあり、次の転職先は高額給与を条件にしています。なの …

doctor_run
薬剤師さん必見!CROの転職にまつわる4つの誤解

CROで仕事をすれば、新薬の開発に携わる事が出来るのがとても魅力的です。 最近は薬剤師の資格を活かして、CRO業界へ転職 …

Twitter-bird
今どきの薬剤師はソーシャルメディアで転職情報を集める!

ここ数年でツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアサービスが一般的に利用されるようになりました。 個人のみでな …

stress_woman
できれば避けたい!薬剤師にとって激務な職場とは?

薬剤師が活躍する職場は調剤薬局だけではありません。 製薬会社、病院、CRO、大学の講師・教授、医薬品卸の管理薬剤師などな …

money_satsutaba
国際共同治験業務でもらえるお給料

今特に必要とされている国際共同治験のお仕事ですが、お給料面ではどのくらいの額が期待できると思いますか? 国際共同治験に対 …