薬剤師ママ

主婦パート薬剤師が調剤薬局の即戦力になる理由

 
そう簡単には取得できない国家資格である薬剤師の資格取得者は割合的に女性が多いです。

しかし女性は、適齢期になると結婚や出産を機に退職してしまうので、薬剤師の資格を持った主婦が必然的に多くなってしまいます。

薬剤師は慢性的な人材不足にも関わらず、ドラックストアや調剤薬局など薬剤師を必要とする職場がどんどん増えているため、薬剤師の資格を持った人材が求められています。

経験ありの薬剤師の場合は即戦力になるため、主婦パート薬剤師が現場に求められる存在となります。

薬剤師業務未経験者が歓迎されない理由

薬剤師資格を取得すれば、調剤薬局や病院や製薬会社などで調剤の実用的な業務を行います。

しかし、中には薬剤師資格を武器にMRやCROなどの業界に就職する方もいます。

また、大学卒業し薬剤師資格を取ってすぐに結婚し、調剤経験がないまま主婦業に集中する方もいます。

そういった方は、薬の知識はあるものの調剤経験がないため、調剤薬局に勤める場合は未経験者として扱われる事になります。

そうなると、たとえ薬剤師資格を持っていても業務未経験者を雇う場合は現場が停滞してしまいかねないため、企業側もブランクがあったとしてもできるだけ調剤経験者を選びやすいです。

ブランクがあってもおおむねOK

なぜ医薬品販売店に薬剤師の資格取得者が必ず必要なのかというと、薬剤師監視下でしか一類医薬品を販売できないためです。

もしも薬剤師不在で販売したことが発覚した場合、その店舗は営業停止となってしまい、法律的に処罰されます。

そのため、たとえ薬剤師としての経歴にブランクがあったとしても、薬剤師が不足している近年においては薬剤師資格取得者の空白期間は注視されない傾向にあります。

【関連記事】 ブランク有り薬剤師さんにおすすめの転職支援サイト

【関連記事】 ブランク有り主婦薬剤師のための公的認定制度

調剤未経験を歓迎している企業

調剤未経験の人材を歓迎している企業も実は結構多いです。

なぜかというと、薬剤師のお給料というのは水準が基本的に高く設定されており(時給2000~3000円程)、経営側がこの水準を満たすお給料を払えないなどの場合に、受け入れられるからです。

結婚して家庭を持った女性にとってこの水準のお給料は他のパートと比べるとかなり高いため、薬剤師資格を持っている主婦が、他のパートの仕事を選ぶ事はまずありません。

また、薬剤師は比較的転職しやすい職業ですので、転職を重ねながら収入アップを図っている薬剤師が多いです。

 
【関連記事】 未経験者に人気のある薬剤師転職支援サービス

子供が成長すればフルタイムで働けるのが主婦薬剤師

子供が3歳になり、保育園に預けれるようになったのをきっかけに、短時間働きに出る主婦パートの薬剤師が多いです。

勤務先はシフト制である事が多く、子育てに理解がある職場であれば、子供の体調が悪くなった時などの突然の休みにも快く対応してくれます。

子持ちの薬剤師が多く、雇う側からしても子供の成長に合わせて勤務時間をフルタイムに変更してもらえる可能性がある主婦パート薬剤師はありがたい存在なのです。

このように、家庭と育児を仕事を両立しやすい職業として薬剤師の復職割合は年々高くなっています。
 
【関連記事】 薬剤師転職サイトの最大の強みをご存知ですか?