薬剤師SOS
薬剤師の転職活動を応援します


薬剤師の転職

薬剤師が転職を成功させるために最低限必要な知識

転職するなら絶対に成功したいですから慎重にいきたいですよね。

こちらの記事では、次の様な薬剤師の方に向けてお届けします。

  • 転職について何から始めればいいのか分からない
  • 薬剤師が成功しやすい転職手段を知りたい
  • 薬剤師転職業界の最新情報を知りたい

転職したいが何から始めればいいの?

まずは転職をしようと決めた時に、どのような働き方をしたいのかという希望を明確にする必要があります。

薬剤師の資格を活かせる職場である事は必須ですが、その際に下記について自分の意思をかためておきましょう。

働く業種と職種を決める

調剤薬局から製薬会社への転職など、今とは違う業種に挑戦するという場合は厳しい転職活動にも前向きに挑戦していく強い意思が必要になってきます。

そして転職をすると決めたからには、次の事ををしっかりと雇用側に答えれるくらいになりましょう。

  • 何がきっかけで
  • どのような理由で
  • どういう動機があって
  • どんな努力をしていて
  • どうなりたいのか

これらの意識付けは転職活動の強い武器となります。これらを明確に答えられるくらいの意識がなければ雇用側はあなたの事を理解してくれません。

希望条件に優先順位をつける事が大事

転職活動をしている方で意外に出来ていないのがこれです。

職種や業種を選択する他にも、条件について自分の考えと希望を明確しておく必要があります。そして、その中の優先順位もしっかり決めておきましょう。

ざっと並べてこれだけの薬剤師関連の条件があります。
これらをどうするか決めておくだけで転職に成功する確率は何倍も上がります。

  • 年収・給与
  • 雇用形態
  • 駅の近さ
  • 土日休日可
  • 年間休日120日
  • 車通勤OK
  • 在宅医療
  • 勉強会の有無
  • 処方箋科目
  • 1日に処理する処方箋枚数
  • 取り扱う薬品数
  • 薬剤師の人数
  • 設備の充実度
  • 未経験OKか
  • 経営者の人柄
  • 近隣病院の専門科目

これらの条件を見つめてみる事により、想定できる職場環境が沢山出てくるはずです。

例えば、薬剤師の人数が少なく、1日に処理する処方箋枚数が多ければどのような労働環境がイメージできますか?

きっと、休む暇がないほど忙しい職場ではないだろうかと想定できるはずです。

また、たとえそんな環境であってもお給料さえ格段に良ければ問題ないという落としどころも人によってはあります。

このように、自分にとってのメリット、デメリットをしっかりと見つめていきましょう。

薬剤師が成功しやすい転職の手段とは?

自分の希望の働き方について明確に決める事ができたら、転職活動を実行に移すための準備が必要です。

転職を実現するためには自分ひとりの力でも可能です。ですが、支援してくれるサービスや団体に協力を求める方が転職は成功しやすいです。

転職には大きく6つの転職手段があります。

  • 転職支援人材紹介サービス
  • 求人紹介サイト
  • ハローワーク
  • 企業HPからの自主応募
  • コネクション
  • ヘッドハンティング

この中でもっとも人気で成功率が高い転職手段は「転職支援人材紹介サービス」です。

一人一人に転職をサポートしてくれるエージェントが担当してくれるため、心強い転職活動が行えます。

コネやヘッドハンティングであれば、転職先は既に決まっているため主旨とはズレていますが、成功しやすい手段です。

薬剤師専門の転職支援サービスを利用する

利用しやすい転職支援人材紹介サービスについてですが、薬剤師専門で代表的なのが、リクナビ薬剤師などの大手が実績多数で有名です。

お祝い金で代表的なのがジョブデポ薬剤師です。これらの支援サービスは薬剤師が有利に転職活動ができると人気があります。

薬剤師業界の転職事情について

薬剤師業界は慢性的な薬剤師不足に悩まされています。

そのため、薬剤師は高給な職種であり、転職も多い職業なのです。

世間の求人情報を見てみても、年収400万円の求人条件ばかり並ぶ中、薬剤師の欄には650万円程の数字ばかりが目立ちます。

中には850万円の求人もちらほらあります。
このような高給なお給料が転職が多くなる背景となります。

しかし、求人情報とは裏腹に実際の薬剤師のお給料の平均額を見てみたところ、平均勤続年数:6.7年の37.4歳の平均年収が529万円となっています。

もちろん、業種によっても大きく変わるのでしょうが、国家公務員の平均年収が662.7万円、地方公務員の平均年収が728.8万円ということを考慮に入れると、決して高給とまではいえません。

薬剤師の転職理由

薬剤師の転職理由には次のような理由があげられます。

  • 給与が少ない
  • 人間関係や職場の雰囲気
  • 仕事の内容への不満
  • 残業が多いなどハードワーク
  • 会社の将来性が不安
  • キャリアアップ

これらの要素を持つ現職場から一刻も早く脱却して成功したいという思いで皆さん転職活動をしているのです。

そして、人気のある条件や待遇は、時代に関係なく高収入、土日休み、残業なし(早上がり)、有給消化率100%などです。

これら競争率の高い条件をできる限り満たす職場への転職を叶えるためにも、職業研究や日々の努力は必要となります。

条件の良い職場探しは数多くの案件に出会う必要がありますが、リクナビ薬剤師は紹介してくれる求人数が圧倒的に多いためおすすめです。

お仕事は登録後に紹介してもらえます。登録は無料です。

まとめ

転職活動に関して意識しておくべき事や薬剤師業界の転職事情について、お伝えいたしました。

現代社会はインターネットが普及してからあらゆるサービスが生まれてきました。
転職支援サービスもその代表的なサービスの一つです。

転職支援サービスも民間の企業ですから、企業間競争の中でよりよいサービスをどこよりも早く提供しようと前向きな姿勢です。

人生を左右する転職活動を成功へ導くためには、利用する転職活動手段の選択を間違えない事が肝心です。

そのためには、できる限り専門性が高く業界に通じた支援組織に協力を要請するのが成功の近道です。

薬剤師転職サイト
人気ランキング

1位 リクナビ薬剤師
リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスです。
大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など、非公開求人には、リクルートグループでしか見つからない求人も多数掲載!!
評価
求人数 約60,000件以上
対応エリア 全国
雇用形態 正社員・ 派遣社員・パート・アルバイト
施設種類 調剤薬局・病院・企業・ドラッグストア

登録ページ公式ページ

2位 ファルマスタッフ
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントです。
時給4000円以上の求人が多く存在し、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しています。
評価
求人数 約60,000件以上
対応エリア 全国
雇用形態 正社員・ 派遣社員・パート・アルバイト
施設種類 調剤薬局・病院・企業・ドラッグストア

登録ページ公式ページ

3位 ジョブデポ薬剤師
ジョブデポ薬剤師は、厚生労働省に認可された有料職業紹介事業所であることから、高水準のサービスが期待できます。
非公開求人が全体の約80%を占めており、保有する求人件数は日本最大級の8万件以上になります。
評価
求人数 約80,000件
対応エリア 全国
雇用形態 正社員・ 派遣社員・パート・アルバイト
施設種類 調剤薬局・病院・企業・ドラッグストア

登録ページ公式ページ