サイトマップ | お問い合わせ | サイトポリシー |

重篤な副作用の説明をしなかったために患者が健康被害に!【法律相談】

普段はデパケン錠を服薬している患者さんの処方が、アレビアチン散とフェノバール散に変更になりました。
投薬後、数日経ってからご家族の方が薬局に来て「皮膚の病気になって入院してしまった。薬局で副作用の説明をしていなかったようだがどうしてくれるんだ」と非常に怒っておりました。
この副作用とはスティーブンス・ジョンソン症候群のようです。

 

私は投薬時に一般的な注意事項は伝えていましたが、薬剤師はこのようにまれにしか起きない重篤な副作用についても正確に説明しておかなければ責任が問われるのでしょうか?

副作用の初期症状を説明する義務

副作用の初期症状を説明する義務はありますが、まれに起こる副作用に関しては、細かく具体的に説明する必要はありません

ここの線引きは少々難しいところではありますよね。説明が丁寧である事は大事なのですが、ひとつひとつ説明してしまうと、かえって患者さんが病気に向き合おうとする前向きな気持ちを削いでしまいかねません。(服薬アドビアランス低下の恐れ)

 

ただし、患者さんが副作用を早い段階で気付く事ができるように副作用における初期症状の説明はする必要があります。

これを怠った場合に薬剤師が責任を問われる事になるでしょう。

服薬指導義務について改めて考えよう

服薬指導義務とは、用法・容量の説明だけでなく副作用などの留意点とその処方方法を患者に伝える事です。
医薬品の専門家である薬剤師にとって、この義務は非常に重要な仕事と言えるでしょう。

今回のケースでは、何万人に1人にしか起きないレベルの副作用になりますが、スティーブンス・ジョンソン症候群が起きるかもしれないというピンポイントな説明は難しい事ですし、あまり脅かすような説明をしてしまうと患者が薬を飲む事を躊躇してしまいますよね。

 

しかし、服薬指導義務が必要である事には変わりはありませんので、「このような副作用が現れた際にはすぐに服用を中止し医師または薬剤師へ相談するように」と伝えなければ、薬剤師が責任を問われる可能性があります。

あくまでも早期発見や予防のためにも、初期症状を説明する義務を負っているという事を理解する必要があります。


【おすすめ書籍】
現場の薬剤師さんが使いやすいと評判の、服薬指導ガイドブックの決定版です。
(Amazonレビュー有り)

薬効別服薬指導マニュアル 第8版

新品価格
¥6,912から
(2015/9/7 18:18時点)

服薬指導コンパクトブック

新品価格
¥1,944から
(2015/9/7 18:21時点)



患者さんが副作用の可能性を疑うきっかけをつくってあげる

患者さんに初期症状を説明して注意を促すことによって、患者自身が副作用かもしれないと気付く事が出来、医師や薬剤師に相談する事が出来ます。

そして、その説明をした場合には薬暦に正確に記録しておく事が必要です。

万が一の場合に患者さんとの間で「言った」「言わない」の争いになる事を防ぐ事もできます。

薬剤師の使命は薬害を防ぐ事にある

重篤な副作用は膨大な数のお薬にそれぞれ存在しますので、ひとつひとつに初期症状を説明するのはとても大変な事ですよね。

けれども、殆どの場合は新規処方の際に説明すれば十分ですし、投薬開始後はその都度患者さんに変わりはないか聞くことができるので業務上で可能な範囲だと考えられます。

 

重篤な副作用はまれにしか起きませんが、「まれにしか起きないからあまり説明しなくてもいい」という意識では薬害を防ぐ事はできないので、そのような意識をしっかり持つ事が薬剤師の存在価値を高めます。

yakuzaishi_soudan

薬剤師さんのよくあるトラブルQ&A おすすめ書籍

薬剤師さんにとって、患者さんとのトラブルは出来るだけ避けたいところですが、なかなかそうもいきませんよね。

そんな時は法律に基づいた知識が役に立ちます。

薬局でよくあるトラブルの事例を元に、元薬局薬剤師で現在は弁護士として活躍中の
赤羽根秀宜先生が、法律に基づいて分かりやすく解説されたこちらの書籍がおすすめです。
(Amazonレビュー有り)

赤羽根先生に聞いてみよう 薬局・薬剤師のためのトラブル相談Q&A47

新品価格
¥2,592から
(2015/9/7 15:29時点)





転職の不安と緊張をほぐす!おすすめ記事のご紹介


「国家資格だから、薬の知識が完璧なのは当たり前」

・・と薬剤師さんはハードルを高くもたれがち。

そんな薬剤師さんのプレッシャーを跳ね飛ばし、結果を出すために有効な転職情報です。



【一番重要な基準はずばりココ!】
薬剤師必見!成功の確率を上げる転職サイトの選び方

【ライフスタイルにピッタリの求人を探そう】
働き方を重視した転職サービスを利用する

【年収アップにこだわる方向け】
年収アップ狙い!薬剤師におすすめの年収特化型転職サイト

【どうしても不安が拭えない・・】
未経験者に人気のある薬剤師転職支援サービス

【時間とお金をかけずにブランク解消!】
ブランク有り薬剤師さんにおすすめの転職支援サイト

【激務な職場を避けるために】
できれば避けたい!薬剤師にとって激務な職場とは?

【何から始めればいいのか分からない方へ】
薬剤師が転職を成功させるために最低限必要な知識

【お祝い金の仕組みを解説】
薬剤師の転職支援サービスがお祝い金をくれる理由

【土日休み固定が可能なケースをご紹介】
薬剤師の憧れ!“土日休み”で家族との時間を大切に過ごす

【お給料アップを交渉するコツ】
薬剤師が転職で給料を上げるための相場年収と交渉術





  関連記事

薬剤師の時間外研修に手当てが出ない!【法律相談】

私の勤める薬局では業務終了時間が18:30なのですが、日によって午後19時から研修があります。 会社からの命令で研修に参 …

調剤と製剤のPL法(製造物責任法)
薬局製剤や調剤薬はPL法と関係ない?【法律相談】

私の薬局では薬局製剤を取り扱っていますが、先日患者さんに販売した「感冒12号」に1包に小さいゴミが入っていたという事で交 …

患者さんがお薬代を払ってくれない
お薬の未払いは患者さんにどう請求すれば良い?【法律相談】

薬局にいつもいらっしゃる患者さんの1人に、お薬の未払い常習者がいます。 薬価の高いお薬なので大変なこともわかりますが、こ …

yakuzaishi_komaru
似た薬の名前が多すぎ!薬剤師の調剤ミスは製薬会社もとるべき?【法律相談】

医薬品のなかにはお薬の名前が似ているものが多く存在します。 そして現場の薬剤師は間違えそうになる事がしばしばあります。私 …

薬剤師の有給休暇
薬剤師の有給休暇の時期変更は可能でしょうか?【法律相談】

私の経営する薬局では、法律に従って有給休暇制度を設けています。 先日、薬剤師の1人が薬局にとって一番忙しい時期にも関わら …

鑑査とピッキング
鑑査とピッキングはどちらの責任の方が重い?【法律相談】

私が薬の取り違えを起こしてしまったために、患者さんに健康被害が発生してしまいました。 その事について自分に過失があると認 …

job_jimu
薬剤師と事務員の制服は区別が必要ですか?【法律相談】

私の勤める薬局では薬剤師と事務員の制服が違います。 薬剤師は白衣で事務員は別の制服を着ています。 しかし、薬局によっては …

医師の誤処方に気付かず処方してしまった
疑義照会の義務を怠り患者に健康被害が発生してしまった!!【法律相談】

医者が併用禁忌である医薬品2種類を一緒に処方してきましたが、調剤した薬剤師も鑑査した薬剤師もその事に気付かずに、疑義照会 …

薬剤師は服薬指導の義務をどこまで徹底すれば良いの?【法律相談】

投薬に当たり、ご高齢のために薬剤師の説明を正確に理解しているのか不安に感じる患者さんがいます。 こうした患者さんの場合、 …

isyo
薬剤師の退職で損害賠償請求されるのは筋違いだ!【法律相談】

私はまだ入社して3ヶ月の薬剤師ですが、薬局に馴染めずに先日退職願いを出しました。 しかし、薬局の責任者から引き留められて …