薬剤師の転職

薬剤師必見!成功の確率を上げる転職サイトの選び方

今は薬剤師の転職希望者にとって、願ってもない好景気です。

今なら正社員薬剤師はもちろん、パートアルバイトもモテモテで、育てる姿勢を持っている企業もたくさんありますよ。

このチャンスを逃さないように、薬剤師転職を成功させる転職サイトの選び方をご紹介致します。

これを知っておけば、転職に成功する確立が上がりますので、転職希望者はぜひご一読を!

転職サイトの強み

転職サイトの強みはズバリ「」です。

この数というのは、求人数(企業)と転職希望者数(登録者)の2種類です。

実のところ、エージェントの質(能力)で競合と差を付けるのは難しいらしく、こういった部分が重要になるのです。

つまり、転職エージェントの能力を測る指標というのは、競合と比べてどれくらいの案件数を提案できるかどうかが肝になってくるのです。

転職希望者にとっては数多く紹介してくれる方が嬉しい

もしあなたが転職希望者だとして、転職候補先となる企業を3社紹介してくれるエージェントと6社紹介してくれるエージェントがいれば、どちらのエージェントに頼りたいですか?という話なのです。

当然、選択肢が増えるのですから数多く提示してくれるエージェントの方がいいですよね。

選べる数が多ければ条件を満たす案件に出会う確率も高くなりますし、扱う求人総数が多ければ自然と良質案件も増えます。

転職サイトの価値は量と質による所が大きいので、数に強みがあれば転職希望者のニーズを満たしやすくなります

企業側もより多くの人材を紹介してもらいたがっている

逆も然りです。

あなたが企業の採用担当者だとして、3人の人材を提示してくれるエージェントと6人の人材を提示してくれるエージェントだったら、どちらを頼りたいですか?

これも、もちろん後者ですよね。より多くの人材を吟味したいという思いは双方同じなのです。

このように、転職エージェントの強みは紹介する案件と人材の数によってほぼほぼ決まりますので、数に強い大手の転職支援サイトを利用すれば、転職希望者と求人企業は必然的に豊富な選択肢を得られるのです。

つまり、「豊富な選択肢」=「成功率の高さ」という一見単純明快な理由ですが、実は薬剤師の皆さんは普通に転職活動をしていたら、なかなか気づけない部分なのです。

そこで一番におすすめしたいのが、ずばり大手の転職サイトで求人数に圧倒的に強みがあるのがリクナビ薬剤師です。

数ある転職サイトの中でもリクナビ薬剤師は、総求人数圧倒的な強みがあります。

転職サイトの価値を計る重要な基準に「数」があるとお伝えしましたが、もし転職サイト選びに迷っていたならば、このような「数」に圧倒的な強みのある転職サイトを利用すれば、選択肢が必然的に広がるのでまず最初に登録しておくと間違いないでしょう。 
 

おすすめ転職サイト

薬剤師の転職の主な理由は下記の3つです。

  • 高収入を狙いたい
  • 働き方(業界、職種)を変えたい
  • 人間関係のストレス

働く環境にこだわりたい場合

やはり大手のリクルートが土台にあるリクナビ薬剤師は数に強みがあるうえで、医薬系を専門にしていますから、特化型の転職サイトの良さを持ちつつ紹介できる企業数もかなり多いです。

企業の事前調査を入念に行えるので、人間関係でつまずいて転職を考えている人にとっては職場の人間関係など細やかな情報を受け取れるため安心です。



また、オリコン顧客満足度ランキングの転職サイト医療系部門で第1位を獲得しています。ニッチな業界の案件も抱えているため、幅広く対応してくれます。

リクナビ薬剤師を利用する方は、「この業界!この職種!」と的を絞っている方よりも、「退職手続きについて相談してみようかな」「あの企業はどんな労働条件なんだろう」など・・ちょっとした疑問点にも対応してもらえるため、転職についての情報収集として手始めに登録される方が多いです。

いまは転職する絶好の機会

空前の売り手市場

幸運な事に、今は非常に転職しやすい期間です。景気が上向いている事に加えオリンピック効果により、転職市場が全体的に盛り上がっています。

薬剤師の転職にいたっては空前の売り手市場であるため、転職希望者の条件が多少わがままでも叶いやすいタイミングです。

中には、選考フロー(面接など)を簡略化したり、募集求人の年収を大幅に上げたりして人材獲得に積極的に動いている企業もあります。

(就活では難関とされ、今までは無理そうだった会社でも転職しやすい時期)

転職バブルと言われていますが、現段階ではいつはじけるかが想定できないので、今すぐに転職とまではいかなくとも、気になる企業の事前調査はエージェントを通して今のうちに行っておいた方が良いです。

薬剤師の需要が多く第二新卒に対しては育てる姿勢も

お伝えしたとおり、転職市場の中で最も薬剤師の需要が多く、特に企業・病院薬剤師が一番モテています。

さらに、調剤がしっかりできる人材が確保できていないので、育てるというスタンスの企業もあります。それは、準大手とか中堅クラスです。

逆に、在宅医療にかかわる業界などはスキルよりも人柄、やる気やコミュニケーション力などで採用してる会社もあります。

基本的には経験社数は少ない方がよく、1社、2社経験の人は、まだどこでもチャレンジできます。知人のエージェント曰く「今逃したら、こんなチャンスはもうない」とのこと。ぜひともいくつかの会社の面接を受けておきたい所ですね。

なお、こうした現象が起きているのは、薬学部6年制度導入に加えリーマンショック時に企業が採用を抑え、そのしわ寄せが来ているからなのです。

年齢層のドーナツ化減少と呼ばれており、25歳から35歳のゾーンが足りていないのだとか。

転職好景気の恩恵を存分に受けよう

今は会社のランクや年収を上げる絶好のチャンスです。希望通りの条件で転職するためにも、このビッグウェーブには乗っておいた方が良さそうです。

いずれは・・と考えている方も企業の事前調査は出来るだけ早めに取得しておいた方が、業界動向を確実に把握できます。

そして、自分の理想とする転職先を見つけ、充実したビジネスライフを送っていきましょう!