お悩み相談Q&A

薬剤師の未来とは!?明るい選択肢は薬局に転職すること

薬剤師の転職を考えていますが、今後薬剤師の資格を生かして働く事によってどのような未来が待っているのか検討がつきません。
薬局薬剤師として定年までいる自分と病院薬剤師として定年までいる自分・・
イメージがつきませんが、薬剤師の選択肢はそれだけしかないのでしょうか?

 

調剤経験を積むなら総合病院近くの薬局がおすすめ

薬剤師の転職を考える時に重要視したいのは将来性です。処方の経験を積むためには薬局の場所や種類などが関係してきます。

 

皮膚科や整形外科が集中するなど、偏った処方しか経験できない調剤薬局ではなく、さまざまな病気に処方されるお薬の調剤を経験するためには、総合病院の門前にある調剤薬局がおすすめです。
 

転職成功体験:470万円⇒622万円の大幅年収アップに成功!

rikunabi_koe1
 
【関連記事】じっくり考えて!薬剤師にとって激務な職場の実態

独立して自分の薬局を開く

薬剤師は勤務薬剤師としての未来だけでなく、薬剤師自身が薬局を開設したり店舗を増やしたりして努力する事で独立する事もできますし、同時に管理薬剤師としての経験も積めます。

 

その場合年収もご自身の努力次第で勤務薬剤師とケタ違いの収入を得られる可能性もあります。
例えば、勤務薬剤師の場合の年収が550~600万円程度であっても、独立した場合ですと1,200万円以上の収入も望めます。

【関連記事】年収アップ狙い!薬剤師におすすめの年収特化型転職サイト

【関連記事】薬剤師の転職成功体験談:年収100万円UPで理想の1人暮らしを実現

薬剤師は製薬会社への就職が人気

また、薬剤師や薬学部の就職先として人気の製薬会社への就職・転職という選択肢もあります。幅広い薬学を働きながら学ぶ事が出来、開発にも携わる事が出来るため薬学志向が高ければ高い程面白く感じるのでしょう。

誰もが目を輝かせて仕事に取り組んでいるのが臨床開発です。
ここは狭き門ではありますが、仕事への情熱をぶつけるにはとても十分な職場です。

【関連記事】優遇される!国際共同治験業務のお給料の例

【関連記事】転職でお給料アップを図るために知っておきたい相場年収と交渉術

この通り、薬剤師の今後はチーム医療の重要なポジションとしての活躍も期待でき、この先も十分価値のある人気の職業です。
 

 
rirekisyo_man