お悩み相談Q&A

ハローワークより薬剤師の転職支援サイトの方がいい理由

私は薬剤師の資格を持っていますが、現在転職活動中の身です。
といってもまだ薬局に在籍中ですので、次の転職先は慎重に決めたいと思っています。
そこでお聞きしたいのですが、WEBサイト等で求人を紹介してくれる会社を利用するのとハローワークに出向いて応募するのと、どこがどのように違うのでしょうか?
もし同じ求人があっても給与や待遇など変わってくるものなのでしょうか?

薬剤師の転職業界の現状

現在は薬剤師の転職は売り手市場といわれており、薬剤師は引く手あまたの状態です。

薬剤師の転職業界は大きなお金が動いているため、応募があればエージェントがとても熱心に対応してくれます。

 

一番大切な事は自分に合った転職先を見つける事ですので、そこを踏まえて転職活動は多少わがままになってOKです。

ハローワークでの求人紹介と転職支援サイトからの求人紹介には、それぞれのメリットデメリットが存在します。

 

薬剤師の転職支援サイトの利用について

転職支援サイトを利用する場合は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの大手転職支援サイトがおすすめです。

なぜならば、信頼と実績はもちろんありますが、薬剤師の求人情報量では圧倒的だからです。

【関連記事】薬剤師転職サイトの最大の強みをご存知ですか?

 

また、大手はエージェント(紹介担当スタッフ)の数も充実しており、それぞれの転職先に担当が決まっていますので、実際に求人を載せてる薬局や病院などに足を運んで転職先の従業員の事などもエージェントが詳しく知っているので、正確な情報が得られるからです。

そして、やはり重要なのが求人情報の質を見極めやすいところです。

非公開求人がある理由

転職支援サイトが用意している「非公開求人」情報は質が良いため、一般公開して応募が殺到しないようにある程度制限をかけて掲載を工夫しています。

そのような求人は1社の転職支援サイトでしか取り扱っていないなど、優良な求人である事が多いのでその中から選べるという利点があります。

 

薬剤師の転職支援サイトのデメリット

これらのメリットがある中でデメリットもあります。転職支援サイトの中には売り手市場を悪用して違反すれすれのことをする業者は少なくありません。

薬剤師を雇う側は、1人雇うのに結構な額の報酬を転職支援企業に支払わなくてはならないため、そこにつけこんだ会社も中にはあるのです。

 

また、大手といえども担当するエージェントとの相性によっては自分の希望している案件を、うまくまとめてくれなかったりする場合もあるので、上手に良い関係を築いていくことで良い案件を紹介してもらえたり展開をスムーズにさせる必要があります。

転職支援サイトへの登録は基本的に無料ですし、何社かあらかじめ登録しておく事で選択肢の幅も広がります

また、多くのサイトに登録しておくことでエージェントに対して慎重に決めたいという気持ちのアピールにもなります。

薬剤師求人のハローワークの利用について

最近では転職支援サイトの圧倒的な求人数や便利さに、ハローワークの利用者も少なくなってきていますが、紹介料を取らないハローワークのみにしか求人情報を出していない企業もあります。

なので、転職支援サイトとハローワークを平行して利用するという手段がベストです。

しかしながら、ハローワークは離職率が高いなどの、質の悪い求人の割合が多いので、あまりおすすめはしません。

ハローワークにしか求人を出さない企業は、人件費に費用をかけない方針である可能性が高いからです。
hellowork_mendan