薬剤師SOS
薬剤師の転職活動を応援します


薬剤師の転職

薬剤師の転職で知っておくべき「自分の価値と相場」

薬剤師の転職活動において成功を収めるかどうかは、会社があなたに何かしらの価値を見出してもらうえるかどうかにかかっています。

つまり、「自分の価値」というものが自分で分かっていなければ、雇用側に上手にアピールもできなければ自分に合った転職先を見つけることもできないのです。

「価値を知る」という事がいかに大事な事か、また価値を知るために絶対に必要な事をお伝えします。

自分の価値が何によって決まるのかを知る

例えばあなたは今日の金(ゴールド)の取引価格を把握していますか?

おそらく先物取引の専門家でもない限り、正確な価格まで把握している人は少ないでしょう。ですが、金の取引価格というのは日々刻々と変動していると言うことくらいはご存知だと思います。

では、その金の取引価格は何によって決まると思いますか?

それはずばり言って「相場」で決まります。これは金だけに限らず通貨や株式も全て市場の相場によって決定されています。

では、転職市場におけるあなたという人間の価値は誰がどのようにして決めているのか分かりますか?

そうです。やはり、これも金と同じく「相場」によって決まっているのです。

相場を見極めるために自分を知る

転職先を探す前に、自分の適性価格を性格に見極めて下さい。具体的には、下記の項目について相場を知っておきましょう。

  • 年齢
  • 知識
  • 経験
  • 技術
  • 実績

これらの価値の値動きを把握して、適正価格がどこにあるか正確に探っていきます。そうすれば、転職に一番最適な自分の「売り時」が分かるようになってきます。

相場を知らずに転職活動をすれば無謀に終わります

もしも、あなたが「自分の価値は自分で決める」とか「自分を評価してくれるのは身近にいる人達だ」と考えていたとしたら、その考えは転職市場においては何の意味も持ちません。

本気で転職活動を成功させたいのであれば、その考え方はすぐに改めた方がよいです。

とはいえ、転職市場における「相場」を知るチャンスはめったにありません。学生時代には実力テストや偏差値というかたちで相場を知る機会が十分あったと思います。

だからこそ、周りと比べて自覚する事が出来たので自分の実力を見誤ったりする事は少なかったと思います。

しかし学生時代はそれでうまくやれていたかもしれませんが、社会に出たとたん評価の基準が曖昧になってしまいます。

つまり、自分の実力を図る手段を見つけにくいのです。

そのせいで、仕事をミスしてばかりの年下の人物が自分の上司だったり、どんなに努力をしてもいつまで経っても給料が上がらず報われなかったり、数々の矛盾や理不尽に頭を抱える事になります。

そして、ようやく苦労しながらも結果を残したかと思いきや、会社からの評価がイマイチで、待遇に対しても不満を抱くようになり、転職という二文字がよぎるのです。

そのような状態のまま転職市場の相場など一切考えずに自分の中だけの評価で転職活動をしてしまうと、殆どの場合は失敗に終わってしまうのです。

【関連記事】 薬剤師が転職で給料を上げるための相場年収と交渉術

転職とはあくまで取引

もしも、あなたの手元にリンゴが1個あるとします。そしてあなたがそのリンゴに500円という値段をつけて売りに出したとします。

どのスーパーに行ってもリンゴは1個250円で売っています。250円のリンゴはすぐに売れていますが、500円のリンゴは誰一人買わないため全部残った状態になってしまいます。

こんな事はあたりまえだろうと思われるかもしれませんが、自分をこのリンゴに置き換えて考えられない人が多すぎるのです。

誤解してはならないのが、転職は自分の夢や希望条件を叶えるための手段ではないということです。

転職はあくまでも取引なのです。

ですから、転職をするならば、まずは相場を知る事から始めなければいけません。

そして自分を冷静に評価し、適正価格を知り、自分に値段をつけて売りに出すのです。

転職市場の相場を知るために必ずしておきたい事

では、転職市場の相場はどのようにして知る事ができるのかというと、業界に詳しい専門的な機関を利用する事で知る事ができます。

数ある転職サイトの中でも、リクナビ薬剤師ではお仕事紹介だけでなく、他では知り得ない業界情報や企業情報などを求職者に提供してくれます。

リクナビ薬剤師 >>

転職支援を生業としている以上、業界の転職相場を知らないという事はありえません。

転職支援企業は毎日のように求職者を社会へ送り出し、どのような企業がどのような人材を求めているかを現場目線で知り尽くしています。それはもう何十人というレベルでなく何百人何千人何万人という膨大な数をこなしています。

転職支援とは名ばかりではなく、長年の実績をしっかりとデータに落とし込んでいるため、相場を元に根拠に基づいた的確なアドバイスが可能なのです。

相場より高いりんごでも上手に売ってくれるエキスパート

世の中には数え切れないほどのリンゴが売られています。それと同じように世の中には「あなたと同じような人」がいっぱい存在するのです。

きっと相場を知れば、その事実に嫌でも直面せざるを得ないでしょう。

当然ながら、同じような人が沢山いる中で、自分を自分の力だけで売っていくのは非常に難しいです。

けれど、あなたが自分を上手に売れなくとも、きちんと付加価値を見つけて高い価格で上手に売ってくれるエキスパートがいるのです。

エキスパートの中でも、特におすすめなのが先にもお伝えしたリクナビ薬剤師の専属アドバイザーです。

リクナビ薬剤師 >>

相場を知り、自分の適性を知り、さらに然るべき専門機関にて自分を上手に売ることが出来れば、転職後に理想とのズレが起きることは殆どなくなるのです

このことをしっかり意識して、転職活動を明るいものにしていきましょう。

薬剤師転職サイト
人気ランキング

1位 リクナビ薬剤師
リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスです。
大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など、非公開求人には、リクルートグループでしか見つからない求人も多数掲載!!
評価
求人数 約60,000件以上
対応エリア 全国
雇用形態 正社員・ 派遣社員・パート・アルバイト
施設種類 調剤薬局・病院・企業・ドラッグストア

登録ページ公式ページ

2位 ファルマスタッフ
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントです。
時給4000円以上の求人が多く存在し、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しています。
評価
求人数 約60,000件以上
対応エリア 全国
雇用形態 正社員・ 派遣社員・パート・アルバイト
施設種類 調剤薬局・病院・企業・ドラッグストア

登録ページ公式ページ

3位 ジョブデポ薬剤師
ジョブデポ薬剤師は、厚生労働省に認可された有料職業紹介事業所であることから、高水準のサービスが期待できます。
非公開求人が全体の約80%を占めており、保有する求人件数は日本最大級の8万件以上になります。
評価
求人数 約80,000件
対応エリア 全国
雇用形態 正社員・ 派遣社員・パート・アルバイト
施設種類 調剤薬局・病院・企業・ドラッグストア

登録ページ公式ページ